鼻の黒ずみの原因

鼻にポツポツと黒ずみができていると、気になるし気分も落ち込んでしまいますよね。これを、一見スッキリさせるように見せかけるグッズが、ドラッグストアやバラエティショップなどにたくさん売られていますが、グッズはうまく選び使用しないと、鼻の黒ずみを余計に悪化させてしまうこともあります。

そもそも、鼻の黒ずみは、なぜできるのでしょうか。それは、鼻の毛穴が開き、そこに汚れが吸着したり溜まってしまっているので、黒ずんで見えるのです。

では、NGグッズの代表を見ていきましょう。

まず、鼻パックシートのような、鼻を軽く塗らしシートを貼り、数分後乾いたらそれを剥がす、というものです。これは、剥がしたシートに、角栓や鼻の毛穴に詰まった汚れがごっそり取れたものが付き、見た目にも効果があり、一見良いように思えます。しかし、このシートの連続使用は、デリケートな鼻の皮膚を傷つけ、また、毛穴を広げ、余計に汚れが溜まりやすくなってしまいます。

次に、角栓除去を目的とした、毛穴お掃除スティックのようなグッズです。これも、一見毛穴をきれいにするように思えますが、毛穴を深くし広げてしまう行為をおこなっています。結果、一時的にスッキリとしても、また汚れがすぐに溜まり、黒ずんでしまいます。さらに、以前より深い部位まで汚れが吸着するので、黒ずみは悪化します。

そして、鼻の黒ずみをかくすために、ファンデーションを厚塗りするのも、おすすめできません。毛穴をまた汚してしまいます。

鼻の黒ずみは、清潔を心がけながら、毛穴を小さくしていくことが、改善に近づきます。毛穴を小さくするのはなかなか難しいですが、皮膚科に行って相談したり、エステなどに行くのも良いでしょう。